半年休職したら復職するのが嫌になった

現実逃避し続けてきたけど、もうそろそろ本当に辞めるのか退職するのか最終的に決断しないといけない時期になってきているから、本腰を入れて考え始めた。

といっても休職直後の時期にもそのことを考えていたのだけど。

復職したい方向で一度は結論を出したので、そうするつもりの意向は会社側にも伝えてきた。

けど、復職の時期が7月から9月に延長されて以来また気持ちがふさいでしまったこともあり、やる気がなくなっていく。本当は復職するのは気が進まないのかもしれない。

改めて最近復職と退職について考えたら、新たな考えも出てきたので書いてみる。

スポンサーリンク

金銭面以外の復職理由

以前と大きく考えが変わったわけではないけど、ちょっと変わったとすると、復職するのはお金のためだけではないかもしれない、ということだ。

私は会社勤めに向いてない性格ではあるけど、一方で会社に所属していたほうが助けられている点はやはりあるのだと思う。

①規則正しい生活のための強制力

仮に自分が家でフリーで仕事しているとしたら、一人でもシャキッと決まった時間に起きて、決められたスケジュールでシャキッと行動できる自信はあまりないなと思った。

人間誰でもそういう面はあるかもしれないけど、私は「会社の始業時間」という決められた時刻があるからこそ早起きできる。

学生のときもそうだったけど、そんな毎日ストイックに6時半に起きたりせず、朝から授業や用事がない日はダラダラしていた。

仕事を休んでいる今もそういうときがある。必要に迫られていなかったらわざわざ早起きしないし、眠いと思ったら二度寝する

仕事をしていた時は疲れて早く寝たいし、起きられなくなるから22時過ぎにはテレビは消すし22時半くらいに寝ていたけど、今は24時前後が多くなってしまった。

会社勤めをすることで早く寝る、朝は辛くても無理に起きる、通勤するために歩いたり、物理的な移動をしている時間によって運動にもなって緊張感が保たれたりもする。

それが「嫌だなあ」と思うしストレスにはなっていたことは事実だけど、一方でその強制力によって助けられているところも。

私のような意志の弱い人間は、少なくとも規則正しい生活をするために強制力があったほうがいいのではなかろうか?とは思ってる。

でも、生きがいとか趣味とかを持っていない私にとって、それは(会社の強制力に頼ることは)ますます定年になったら燃え尽き症候群になりそうで危険だ。とも思う。

だから、そこは別に会社に頼らなくても自らの力で規則正しい生活をできるようになったほうがいいのではないか、という考えもある。

このことと通じる点があるかもしれないけど、会社勤めなら「納期」や「大きな仕事の終わり」とか、もっとわかりやすいもので言うと「金曜日が終わった」など仕事の区切りや達成感のようなものを感じやすい気がする。

仕事や生活スタイルにもよるけど、個人で働いていたり専業主婦だとそれは感じにくくなってしまって、メリハリがつきにくく、なんとなくやってる感じになってしまいそう。

ただ、そういう「納期」や「金曜日」といった区切りのような、わかりやすい目標ばかりに頼ってしまうとだんだん会社人間になり、自分で目標を見つけて生きなくなってしまう気もするから、これもまたさっきの退職後燃え尽き症候群みたいなのにつながる気もする。

会社でそういう区切りや節目があるのはいいことだとは思うけど、「それがあったほうが心身にも良いから」というメリットで復職するのは、いいのか悪いのかわからない面もある。

②他人と接触することで心のリハビリになる

これは前の会社でも今の会社でも思ったことだけど、なんだかんだ会社に行って人と会話することで気が紛れるというか、嫌なこともちょっと忘れているんですよね。

だから意外と、会社という場を通じて様々な人と接しているということに関しては、嫌な面もあるようで実は良い心の刺激になっていると思う。

私は結構体調を崩すこともあるけど、ちょっとの不調ならば仕事しているうちに忘れてしまったりする。(でも家にいたらどうしても気になるときがある。)

家庭にいてばかりだとストレスのはけ口が…と言う人がいるのもすごく理解はできる。

会社に仲が良い人がいるいないは置いといて、普通に雑談レベルのことができる同僚がいるだけで、ほんの少し話したりするだけで意外とストレス発散になっていたりする。

たとえ会話の内容が仕事のことでも「社会と接点をもって家族以外の他人としゃべったり関わったりするということ自体」が健康な心を保つ効果があると思うから。

ただこれも何か会社以外のコミュニティに参加したり外との接点があればよくて、会社でなくてもいいのかもしれないけど。

③自己肯定感につながる

これも②と少し通じるものがあるけど、やはり会社勤めだと周りの人間と良くも悪くも比べられるわけで。

周りを見て、あー私普通に仕事できてるな、とか、ちゃんとミスもなくこなせてるな、ちゃんと周囲から浮かずにやってるな、みたいな風に感じたときって、無意識にそれで自己肯定感をあげてた(あがってた?)気がする。

他の人を見てても、基本的には大体みんな大きな問題がない(普通の業務はこなせている)からその会社で続けられているって人が多いと思うし。

私も休職前、細かいところで色々できていない点はあったものの、求められた業務はやってたし(まあ普通の人ならできるレベルだけど、それでもその「普通にやってた」ということで)社会貢献しているって実感を持ちたくて会社員やってたところもあったのかな。

これは良くない意味でだけど、周りと比べて自己肯定感を保ってたというのはまさに前の会社での自分のことで、前の会社では「周りより自分は優秀だ」って客観的に評価され、それで自己肯定感を保ち、承認欲求満たしてたところもあった

でも周囲があまりにもやる気がなかったり、他に仕事の真似をしたい上司もいなかったから面白くはなかったし、ある意味人と比べて「自分はできてる」と思えてることで良い効果ばかりがあるとはいいがたかったかも。

だから自己肯定感をあげたいとか、そのためには会社は絶好の場だ…みたいな考え方もあまりよくはない気はしてる。

結局会社という場があるかどうかっていうより、何をやりたいかっていうことだろうな。

行くまでは嫌だけど行ったらなんとかなるのか

こういうのって、考えれば考えるほど嫌になるっていうことはまああると思う。

私みたいな状況でなくても、入社前は憂鬱っていうことは誰でもある気がするし、行ってみたら意外と大丈夫だったということは結構よくある

確かに、私も今の会社に入社してから「意外と大丈夫」な面(慣れたらそこまではしんどくはない)もあったけど、やはり体力的にも精神的にもきついなってときも多かった。周りの目がすごく気になったし。

でも私の配属された部署は、そんなに大変ではない部署だった。それでも少々きつかったということは、これからはもっときつくなるという可能性はある。

行ったことない会社ならわからないけど、復職の場合は「行ったらなんとかなるっていうのは半分本当で、半分は違う」って思っておいたほうがいいのかも。

それでも、3割くらいの確率でたまたま運良くやりやすい環境の部署にあたったら「しばらく続けていけそう」ってこともありうるかもしれない。

復職するデメリット

復職するメリットを今回改めて考えてみたけど、デメリットを上回るメリットは、やはり正直言ってお金だけだなと思ってしまった。

そしてメリットを上回るデメリットとしてあるのは、妊活や子育てについて。

これが大きな原因で、今のタイミングでなるべく早く子どもがほしいとは思っていて、タイミングを1年2年延ばすっていうのは(年齢的に)嫌だった。

だからって復職してすぐに妊娠しましたって言われても会社は大迷惑だし、さすがにそれはちょっと言いにくい

言いにくいことに関してはまだいいんだけど、つわりとか色々ある中で遠距離通勤するのもちょっと(というかかなり)しんどい。妊娠していても産休に入るまで時間がかかるし、私のへっぽこ体力と豆腐メンタルではかなりきつそう。

今はちゃんとご飯を作ったり家事するので少し余裕がある程度なのに、これで働いて、子どもの世話までできるのか?いや、絶対私には無理だ…って思って吐きそうになる。

それに近い将来、うちの両親が高齢で遠方にいるので遠距離介護の問題もでてくるかも…など。挙げれば復職が難しい理由はいくらでもある。

それでもできるところまでやってみる

さっきお金の話を出したけど、子どもを生みたいからこそお金が必要→復職っていう考え方もあって、共働きじゃないと正直不安があるのは事実。

だから嫌な気持ちしかないけど、今の私には他の仕事もないし、別の稼ぐ手段もない。やれるところまでは続けてみようかって思ってる。

やれるところまでやって辞めるって言っても、すぐに嫌になったりすぐに妊娠してしまった場合は「やっぱり無理」って思っちゃいそうだから…っていう考えもずっとある。

「やっぱり無理」ってなった場合にすぐ辞めますってわけにはいかないというのが私の腰が重い理由かもしれない。

でも「すぐ辞めますって言ってしまうことになっても仕方がない」という考えでやっていこうと思う。そのくらいの気持ちじゃないと今の私には続けられない気がする。

嫌だけど、今の私にはどれだけ考えても辞める選択肢のリスクをとる決断ができなかった。

ということは、今のところはこれが最善なのではないかという気がするから、少し頑張ってみよう。

スポンサーリンク