30歳が転職エージェント(リクルート、DODA)に登録してみた結果。

2020年4月14日

こんにちは。

今の家に引っ越してから今日で丸1年が経ちました。

 

去年の今、ここに引っ越してきた時はもうすでに桜が満開でお花見日和だったのを覚えています。

今年はやっぱりちょっと遅めなんだな、などと思いながら桜の風景を思い出し、去年からあまり変わっていない自分に少々焦りを感じたりしました。

 

 

このブログでも数年前から時々「転職したい」「今の会社を辞めたい」と言っていましたが、今が一番本格的に転職活動っぽいことをしているような気がします。

以前も転職に向けて情報を集めてはいましたが、転職サイトの求人を閲覧し、気が向いたら応募してみて、ほとんどは通過しなくて「これが現実か」と思って諦めた、という感じ。

以前、それほど懸命に活動したわけではなかったのですが、結局無理に転職するメリットのほうが今の会社で我慢するデメリットを上回る自信がないと考え、転職活動はいったんやめました。

 

今の会社はなんだかんだいって仕事内容(ノルマもないし、大きなプレッシャーもさほどない)のわりには給与や待遇は良いと思います。

産休や育休も取りやすいし。それで居心地が悪いような職場ではなく、かなりマイペースなので、給料だけもらって生活の安定を目指すのであれば悪くはない。

 

ただこんな職場にいたくないという気持ちがそれを勝って、この1年、そして特にこの半年、そういう思いになることが本当に本当に多かった。

体調不良の理由の一つががストレスではないかっていうのは、あながち間違ってもいないのでは、とやはり思う。

それで、やっと重い腰を上げて転職サイトの職務経歴書を書き直し、求人探しを始めると同時にエージェントに登録してみた。

 

 

 

私が登録したのはリクルートとDODA。

ちなみに、転職に有利なスキルや資格もほぼなく、乱暴に言えばちょっとした事務スキルしかない30歳の私なので、転職市場からしたら大分ポンコツな人材だと思ってもらったらいいと思う。

 

私の仕事について少し補足すると、事務屋ですが総務や経理、人事、IRなどといったある程度専門的な管理部門ではないです。

上記のような部門で仕事をしていれば、全く違う業種の同様の部署の採用であれば、もしかすると経験者として通用することがあるかもしれませんが、私は違います。

しかも特殊な業界にいるので、私の市場価値があるとしたら同業他社くらい。そして、今の会社に来て、あと数ヶ月で5年。

5年も我慢したと思うと、これまでの職歴で一番長いし本当によく我慢した。我慢するのがいいとは思わないけど、継続するということは何にせよ素晴らしいことなので、好きじゃない職場に毎日行き続けた自分のことは否定せず褒めてあげたいと思います。

 

 

転職の話に戻りますが、せめて外国語がすごく出来るとかそういうのであれば少しは強みになるのだろうけど、残念ながらTOEICは700点程度で会話力はほぼ0に等しいし、勉強してもっと点数が取れたとしても今すぐ仕事で通用するほどではない。

なので予想はしていましたが、結論からいえば、私のような方にはエージェント登録はおすすめしません。

もし専門的なスキルを使って仕事をされている方や、求める会社が多い経験を持っている人であればもう少し違ったのかもしれませんが、私のように特別なスキルのない事務職の方には本当におすすめしません。

 

 

まず、ひどかったのはDODA。

面談は電話で可能だった。(もしかしたら会って面談という方法があるのかもしれないけど、)担当の方が割と高圧的で、そもそもなんか嫌な感じで、あまり心を開く気になれなかった。

とりあえずどんな仕事がいいのかと聞かれたので、私のスキル的にただの事務屋で資格もほとんどないので、同じような仕事でできれば安定している企業で働きたいと希望したら、なんかよくわかりませんね…と言われた。 

まあ私は世間的な需要がないと思うのでおざなりな対応されても仕方がないと思ったけど、あー私のレベルに紹介できるような仕事は無いんだなあと思った。

 

 

対してリクルートに関しては、電話ではなくて対面での面談の案内が来たので、リクルートキャリアの事務所に行って2時間ほど面談してきた。

担当の人には今の職場でやっている仕事、なぜ辞めたいのか、そもそもなぜ今の仕事を始めたのか、どんなふうに仕事を頑張ってきたのか、など、かなり細かく質問をされました。新卒で入った会社のことなども聞かれた。

担当の人にもよるのでしょうが、面談自体はとても印象がよくて、高圧的な感じもしませんでした。どちらかというとフレンドリーで、退職理由の言い方など、アドバイスも結構してくれたような気がします。

 

 

ただし、求人紹介の質がかなり低いです。

年収が下がるのは仕方がないと思うけど、いくら今の職場が嫌だとはいえ、正直私のような立場の人であれば誰でも「わざわざ応募したい」と思わないような求人の紹介しかありませんでした。

例えば同じ事務職であっても、かなり規模の小さい会社やブラックっぽい求人ばかりだったり、そうなると全く違う販売職の紹介だったり(キャリアは全然必要なし)。別に販売職が悪いわけじゃないんですが、それだったらエージェント使う意味ないと思ったり。

 

あと、仕方ないとは思いますが、思った以上に応募を急かされます。

私のイメージとしては、転職サイトのようにとりあえず登録しておいて、もし良さそうな求人があれば応募していきたいって感じなのですが、いま出ている求人の中から選べ、みたいな感じの催促は結構あります。

応募したい求人がほとんどない一方で「いつくらいまでに応募案件決められそうですか」とDODAもリクルートも結構聞いてきます。わりとめんどくさいです。

「あれからよく考えたところ、やはり今と同じ業界がいいと思うようになりました」などと適当な理由をつけて断りますが、いざ応募したい求人が見つかった時はいい顔をされないような気もします。

まだ応募していないので、その点はよくわかりませんが。

 

 

求人の質については、もちろん先に言ったとおり、私のレベルだったらそれくらいしかない、っていうのは理解しているのですが、それだったらリクナビネクストやマイナビ転職に出ている求人に細々と応募し続けるほうがいいと思います。

そっちのほうが質の良い求人が混ざっているし、確かにそういった求人は人気で打率は低くなりますが、受かる可能性は0ではないです。エージェント経由の案件よりは全然ましかなと。

実際私も、まあまあ行きたいなと思っている求人2件ほど面接に進めましたが、一方で「これなら受かるかもしれない」と思ったところも、正直結構落とされたり。

と、そういうわけで、わざわざエージェントに登録する意味ないかな、と思わせられました。

 

 

 

残念ながら転職先は決まっていないので、これからも転職活動は続きます。

いくつか応募してお祈りされるの繰り返しであれば諦めるしかない、とこれまでは思っていましたが、やはり追い詰められているので…何としてでも転職はあきらめたくないって感じです。

そう簡単に見つからないだろうと私も思っていますが、今の職場から同業他社に転職した方は他にもいて、その方々は実際に決まっているので、転職は難しいかもしれないけど不可能だとは思わないようにしたいです。

 

 

うちの職場は、それは明らかに誰が見てもおかしいだろと思うことがたくさんあるのですが、これまで自分が何をやろうとしても根本的には何も変わっていかず、また変えようとする人はみんな潰れて(or病んでor辞めて)いきました。

私もこの職場でポテンシャルの高い人間ではなかったのですが、それでも一応仕事はちゃんとしたいから自分にできるレベルのことは色々やってみたし、少ないながらも貢献はできたと思うのですが、なんていうかもう、疲れました。

やはりここは腐っていく職場だと思っています。このような所のために身をすり減らすのはやめたいと思ったから転職活動していますが、それでも自分が無力でほとんど変えられなかったのは本当に情けなく、力不足だと思います。

かなり悲観的に捉えてしまっておりますが、今の上司たちの半分以上が辞め、今いる若い人が中心になれば、半分はそれなりに優秀な人たちなので、もう少しで変わるのに…という思いもありますが、それは自分のエゴであり、やはり辞めたほうがいいなと思いました。

 

まあ、組織ってやはり簡単には変わらないし、そういうものだと思いますが。

 

 

 

 

転職活動頑張りたいと思います。

スポンサーリンク